クリオネの灯り aki

クリオネの灯り aki

クリオネの灯り

発売日:2017-08-23
歌手:aki
作詞:出口陽
作曲:石田秀登

かすかに聞こえた気がした
そう確かに君の声
心の奥にしまっていた
傷が少しづつひらく

僕はすぐ振り返り
そっと目を閉じた
あの日の記憶 蘇る
喉の奥 広がってった
炭酸の味が
今年もまた思い出すんだ

憧れた夏の空の下
たった一言が言えなくて
のみかけのソーダ
ビー玉に
映るキミの瞳 その仕草
優しい歌声も
泡にとけて消えていった

木漏れ日包まれるような
そんな柔らかな場所
過ごした時間色褪せぬように
青色で塗りつぶそう

その手握り返すこと
精一杯だった
焼けた肌いまも傷む
石鹸の香りシャツのしわ
綺麗な手 睫毛も
今でも忘れられずにいる

煌めいた夏の空の下
手を伸ばすほど消えそうで
君を知らなかったあの日に
もう戻れなくなってしまっていた
時計は戻せない
僕はここを動けないよ

憧れた夏の空の下
たった一言が言えなくて
のみかけのソーダ
ビー玉に
映るキミの瞳 その仕草
優しい歌声も
泡にとけて消えていった

呆れるほど
好きでした