茜さす Aimer

茜さす Aimer

茜さす

発売日:2016-11-16
歌手:Aimer
作詞:aimerrhythm
作曲:釣俊輔

枯れ葉舞う町角を 駆け抜けてく乾いた風
伸びた影とイチョウ並木 季節を見てたかった

返事のない呼ぶ声は あっという間 かき消されてしまう
目抜き通り 人波抜けて どこか遠く 誰もいない場所へ

気付いていたのに 何も知らないふり
一人きりでは 何もできなかった

出会えた幻にさよならを 茜さす この空に
零れた弱さに手のひらを 一輪の徒花 そんなふうに
願い叶え 痛みを知る

渡り鳥の鳴く声も 赤く染まる雲に消えてしまう
帰り道も遠く離れて 今は一人 誰もいない場所で

気付いた景色の色にふれたとしても
一人きりでは 声も出せなかった

愛した幻に口づけを 黄昏れた この空に
まだ夕べの星灯らない 待ち宵も朧げ 月は何処に
引き裂かれて 痛みを知る

くり返す日々の中で探してたのは
歩き続けるための願い

出会えた幻にさよならを 憧れは この空に
流れた月日を手のひらに 一片の花弁 そんなふうに
痛み重ね 出会いを知る

出会い重ね 願いを知る

Translation Lyrics (English)

A dry wind running through the town corner
I wanted to see extended shadows and ginkgo row
The voice without a reply is lost in a certain period
Beyond the eyes of the street
Pretend not to know anything
I could not do anything alone
Good bye to the sky
The weakness of the hand is like a flower
Hope to know the pain
The chirping of migratory birds vanishes into the clouds dyed red
The way back is far away and now no one is
Even in the color of the scenery that I noticed
I could not speak at all
Kiss me in the sky
It is not yet evening star light
To tear out pain
Looking back in the days
A wish for continuing walking
Congratulations on the phantom in the sky
One petal in the palm of the hand
Knowing pain lap encounter
Know your next wish