それは…黄昏 五木ひろし

それは…黄昏 五木ひろし

それは…黄昏

発売日:1988-08-25
歌手:五木ひろし
作詞:荒木とよひさ
作曲:杉本真人

お前を花にたとえたら
真綿色した それは想い出
心の庭に そっと咲く
季節が 駆け足で 過ぎても
いまは 風の便りが 幸福ならば
あの日のこと 置きざりにするよ
それも愛のひとつ……
あゝ お前を忘れはしない
きっと きっと 生きてる限り

涙で夢を 溶かしたら
茜色した それは黄昏
心の小径を 引きかえし
もう一度 この手で 抱けたら
いまは 子供と遊ぶ うしろ姿を
まぶたの中 浮かべてみるけど
それも愛のひとつ……
あゝ お前を忘れはしない
きっと きっと 生きてる限り

いまは 風の便りが 幸福ならば
あの日のこと 置きざりにするよ
それも愛のひとつ……
あゝ お前を忘れはしない
きっと きっと 生きてる限り

Translation Lyrics (English)

If you like flowers
It is a cotton color that reminds me
Bloom softly in the garden
Even if the season is overrun
If the letter of the wind is happy now
I’ll leave it on that day
That’s one of love…
I don’t forget you
Surely as long as you live
Dissolve my dream with tears
It is twilight
Draw a small heart
If you hold it again
Play with children now
Let’s float in the eyelids
That’s one of love…
I don’t forget you
Surely as long as you live
If the letter of the wind is happy now
I’ll leave it on that day
That’s one of love…
I don’t forget you
Surely as long as you live