いちにちだけの音信不通 渡瀬マキ

いちにちだけの音信不通 渡瀬マキ

いちにちだけの音信不通

発売日:1995-09-21
歌手:渡瀬マキ
作詞:MAKI WATASE
作曲:MAKI WATASE

毎日通りすぎてる 一度も降りたことのない駅

テラスにテーブル3つ並べた カフェで雑誌広げた

昨夜の電話の切り方は ちょっと意地悪だったよ

いちにちだけの音信不通 留守電も聞かずに
今日はただ風に乗って 風船みたいにフワフワ 流されたい

噴水広場のベンチで 恋人たちは見つめあってる

今晩あなたが 電話かけてきたら意地悪に切るわよ

いちにちだけの音信不通 気にしてるころかな…?
今はただ風に吹かれ 風船みたいにフワフワ揺れていたい

いちにちだけの音信不通 「早くむかえにきて…」
今日はただ風に乗って 風船みたいにフワフワ流れてたの

Translation Lyrics (English)

A station that has never been once passed
Cafe Terrace
The way I cut the phone last night was a little nasty
I can not listen to the answering
I want to be flushed like a balloon today
In the fountain of fountain
If you call me tonight, I’ll be nasty
It is the time when the sound of the sound of only one place is distracted…
Now I just want to swing like a balloon
There is nothing to do with you.
It was just like a balloon on the wind